喉の手術で藤圭子の声はどのように変わったか

藤圭子は1974年5月に喉を手術しています。藤圭子は肥厚性声帯炎という歌手の職業病とでもいう疾患を患っていました。歌い続けると喉が炎症を起こし、声がかすれて歌えなくなってしまうのです。その原因とされた喉のポリープを切除する手術を受けたのですが、そのことで声質が変わってしまったといいます。

藤圭子は、自分の強みと考えていた声が失われてしまったことで悩むようになります。「流星ひとつ」から引用します。

「… あたしの歌っていうのは、喉に声が一度引っ掛かって、それからようやく出ていくとこに、ひとつのよさがあったと思うんだ。高音でも同じように引っ掛かりながら出ていってた。ところが、どこにも引っ掛からないで、スッと出ていっちゃう。前のあたしに比べると、キーンとした高音になってしまったんだよ」

「… 日劇でショーをやって、すぐまた営業をやったら、昔のようなかすれ声になったんだ。でもね、それはただ単に荒れたというだけのことだった。すぐ元に戻っちゃった。かすれ声になったといっても、高音の引っ張りなんかが、ぜんぜん違うんだよね …」

手術の前は喉に声が一度引っ掛かって、それから出ていったのが、手術の後ではそれがなくなったと言っています。また昔はかすれ声だったとも言っています。

では、実際に手術前と手術後とで声がどうなっているか比較してみましょう。それにはライブで同じ曲の音声を比較するのが一番確実です。ここでは1971年のライブと1977年のライブで歌った「新宿の女」を比較してみます。6年の隔たりがありますが、本来はあまり声に違いがでないはずです。


藤圭子 新宿の女 1971年


藤圭子 新宿の女 1977年

どうでしょうか。聞いてみて1971年ではかすれ気味の声のように聞こえますが、1977年ではきれいな声になって聞こえます。サビの部分で1971年は、藤圭子が ”喉に声が一度引っ掛かって” というように、かなり雑音が混じって聞こえます。1977年ではそれが全くなくなってきれいな声のままです。

曲によって違いが分かりにくいものもありますが、この「新宿の女」は違いがはっきりと分かります。少々オーバーにいえば別人が歌っているようにも聞こえます。

藤圭子の特徴的な声が、手術によって失われてしまったと藤圭子が言っているのは、この「新宿の女」で感じられる声質の違いを言っているようです。

一般にはこの声が変わってしまったことが、引退の大きな原因になったとされているようですが、それは一因ではありますがもっと重要な理由があると思います。

藤圭子が「流星ひとつ」で言っていますが、かつての「余韻」で歌っていくことが嫌になったことが、引退の主な理由のようです。