流し時代の藤圭子に声をかけて知り合い、衣装担当となり相談相手ともなった女性

デビュー前後の一時期、藤圭子の相談相手になっていた女性がいます。藤圭子がデビューしてから彼女は衣装作りの担当となり、デビュー1年目近くになると作った衣装は20着にもなったといいます。

1970年7月発行の週刊平凡から抜粋して引用します。


11月の寒い夜だった。錦糸町駅前の飲み屋街を、一人の少女が歩いていた。白いブラウスに、薄汚れたピンクのスカート。もう冬だというのに、彼女は夏の服装のままだった。茶色い安物のギターをかかえてーー無名時代の藤圭子である。

「ちょっとあんた!」

不意に彼女の前へまわり込んできた顔があった。断髪で、ジーパンにセータースタイルの少女ーーそれが坂井寿子さんだった。

「冬だというのに夏服着てるしさ、あまりみすぼらしいかっこうしてたんで、かわいそうになっちゃって…それで声かけちゃったの」

坂井さんは当時を思い出してこういう。

「うちへいらっしゃいよ」

坂井さんがいうと、藤圭子は黙ってついてきた。錦糸町駅から都電に乗って5つめ、坂井さんの家は『宝屋』という女性の下着専門の店だ。

「あのころの彼女って、すごくずうずうしかったのよ。家へ連れてきたんだけど、私がちょっと目離したすきに、もう茶碗なんかひっぱりだしてゴハン食べてるの、もうあきれちゃって…」

坂井さんはこういうが、藤圭子のそういうえんりょのないところが、逆に好きになった。

「私も変わっているけど、純ペイもちょっと変わってる、そこがうまく合ったのかもしれないね」

その夜、藤圭子は、とうとう泊まり込んでしまった。

これが2人の出会いである。この日から2人は、お互いを ”純ペイ” ”トコちゃん” と呼び合う仲になった。


当時、藤圭子は流しで家計を支えていおり、1曲100円でひと晩に100曲近く歌うこともあったといいますが、彼女のこづかいは1日500円しかありませんでした。その500円で好きなグループ・サウンズを見に昼間「銀座ACB」へ通いました。グループ・サウンズを見てちょっとお茶を飲んだらもうお金がなくなってしまうので、当時安かったトマトをよく食べたといいます。

 

f:id:intron123:20190518122332j:plain


「わたしもおこづかいほしくって、純ペイと一緒に流しをやったのよ。3ヶ月くらい。私のほうがお客にうけて、純ペイ、よくひがんでたっけ…」

トコちゃんの声は藤圭子にそっくりで、電話でまちがえられることが多いという。

トコちゃんは、洋裁の勉強をしながら、お店のお手伝いをするのが日課。洋裁はプロ級の腕だという。

藤圭子が着ているもののほとんどは、トコちゃんが作ったものだ。もう20着くらいになるという。

「純ペイはなんだっていいのよ、着れれば、彼女センスないからね。わたしが布地から全部選んでつくってやるの」

トコちゃんは、これがいいかなと思う布地を選ぶと、スカートやパンタロンを勝手につくる。寸法は分かっているから、藤圭子の好みなどおかまいなしに、好きなように作って持っていくのだ。藤圭子は、それを黙って着ている。下着もトコちゃんのお店で売っているものを使う。


坂井さんの作った衣装は藤圭子にふさわしいものだったでしょうか。デビュー当時の動画などを見るとあまり似合っていないように感じられます。なんというかもっとセンスのいい衣装があるんではないかと思えてきます。


…あっという間にスターになってしまった。トコちゃんも、また、藤圭子自身も想像しなかったことだ。

が、2人の仲は、それによってこわれることはなかった。

「純ペイは、わたしの前では、藤圭子じゃないのよ。彼女もそんな人気歌手みたいなとこちっともないし、昔と変わらない」

こういうトコちゃん。また藤圭子もーー

「人気歌手になると、みんな友だちがなくなるっていうけど、わたしは、そんなこと絶対ない。トコちゃんは、わたしの苦しいときからの心のたよりだもの…」


当時の藤圭子は坂井さんをとても頼りにしています。地方出張中であっても藤圭子は毎日坂井さんに電話をかけてきたといいます。まわりにプライベートなことで相談できる人がいなかった藤圭子は、坂井さんに電話することで相談事などを話し、精神的な安定を得ていたものと思われます。