母の目を治すために歯を食いしばって仕事をした藤圭子

藤圭子の母・竹山澄子さんの目の病気は網膜色素変性症でした。この病気は見える視野が徐々に狭くなり、ひどく悪化した場合は視力がまったく失われる人もいます。病気の進行には個人差があり、若いうちから見えなくなる人もいれば、80代になっても視力を保っている人もいます。

1970年6月発行の週刊明星によれば、竹山澄子さんは1960年に札幌の北大附属病院で診察を受けており、そのときはまだ視力があって、物の形と色だけはおぼろげながらに見えたといいます。その際に、失われた視力をもとに戻すことはできないが、視力減退をこれ以上進行させないための手術ならできるということでした。

そのための手術代が50万円。現在価値に換算して約400万円が必要となり、あきらめざるを得なかったといいます。そのとき、藤圭子は8、9歳でした。

同誌によれば、いまでは印税もぽつぽつ入るようになってきたので、借金してでも母に手術を受けさせたいと話しています。しかし、1970年5月25日に竹山澄子さんが慶応病院の眼科で診察を受けたところ、「こうならないうちなら進行を止める方法はあったのだが、もとの視力を取り戻す手段は今のところない」との診断でした。

それでも藤圭子は母の目を治す費用を捻出するために、仕事を続けようとします。同誌から引用します。

もともと貧血症で疲れやすい体質なのだが、このところ目の回るような忙しさで、疲労がノドにきた。ポリープという一種の職業病で、手術の必要もある。

プロダクションは大事に至らないうちに何とかスケジュールをやりくりして入院させ、疲労から回復したところで手術を受けさせたいと、やっきになっている。ところがどうしても本人がきかないのだ。

ステージの仕事は油汗をながしながらでもつとめあげる。せめてテレビの仕事だけでもノドをいたわらせてやりたいとおもって、テープで代用させる。そうすると彼女は、「私は歌い手なのにナマの歌をうたわせてもらえないの」と、楽屋にもどってくやし泣きに泣くのだ。

根性もけっこうだが、いいかげんにしないと命取りになりかねないと、関係者はハラハラしている。

「そんなことで、私は気の強い女のように思われているようですけど、本当にちがうんです」

と、藤圭子はいう。

「ものすごく気が弱くて、人とお話しすることさえ苦痛で、すぐ自分のカラにとじこもってしまうのね。そのくせ、ごくささいなことでも、人に何か言われることが気になって仕方がないんです。芸能界はいやだ、いやだと、しょっちゅう思っているわ。でも、そういうとき、お母さんの目のことがすぐ頭に浮かんできて、もしお金をためることによってお母さんの目がなおせるものなら、私がここでがんばらなくちゃいけないーーそう思いながら、歯を食いしばって仕事をしているんです。ほんとにお母さんの苦労を考えれば、私なんか、歌い手としてこれだけ仕事をやらせてもらえることだけでも本望だわ。ですから、何とかここで仕事を休まずに乗り切りたいんです」

当時人気絶頂にあった藤圭子は超過密なスケジュールでの仕事を余儀なくされました。移動時間がなく、ヘリコプターで会場を移動したことも1度だけではありません。各公演のスケジュールは最終的には石坂まさをが決めていたと思われますが、藤圭子にとっては相当過酷なものだったようです。