藤圭子の精神の病とはなにか

藤圭子が自殺した時、宇多田照實氏と宇多田ヒカルはコメントを発表し、藤圭子が以前から精神的に不安定だったと述べました。宇多田ヒカルは発表したコメントの中で次にように書いています。

幼い頃から、母の病気が進行していくのを見ていました。症状の悪化とともに、家族も含め人間に対する不信感は増す一方で、現実と妄想の区別が曖昧になり、彼女は自身の感情や行動のコントロールを失っていきました。私はただ翻弄されるばかりで、何も出来ませんでした。

このコメントとともに照實氏もコメントで次のように述べています。

この感情の変化がより著しくなり始めたのは宇多田光が5歳くらいのことです。自分の母親、故竹山澄子氏、に対しても、攻撃的な発言や行動が見られるようになり、光と僕もいつの間にか彼女にとって攻撃の対象となっていきました。しかし、感情の変化が頻繁なので、数分後にはいつも、「ゴメン、また迷惑かけちゃったね。」と自分から反省する日々が長い間続きました。

2つのコメントをもとにすると、藤圭子の精神の病が発症したのはヒカルが5歳の頃、つまり1988年ということになります。そしてヒカルのコメントにある ”現実と妄想の区別が曖昧になり” という言葉を根拠に、藤圭子は統合失調症だったという言説がネット上にまことしやかにあふれることになりました。ですが妄想が伴う精神疾患は何も統合失調症だけではありません。うつ病でさえ妄想が伴う場合があります。

藤圭子が自殺して数日後、マスコミによく登場する精神科医でもある和田秀樹は、藤圭子は統合失調感情障害だったと ”診断” しました。

ここで私が考える藤圭子の精神の病をまず明らかにしておきましょう。精神疾患の診断基準にDSM-5がありますが、それをもとにすると、藤圭子の症状が最も当てはまる精神疾患は 境界性パーソナリティ障害 といえます。それも自傷行為や自殺企図が目立たない高機能型の境界性パーソナリティ障害です。精神科医によっては退行型と呼んでいる人もいます。

私が境界性パーソナリティ障害だと考える根拠は、藤圭子が自らを語っていたこと、母親の竹山澄子さんが語っていたこと、藤圭子の生前にヒカルが語っていたこと、藤圭子と特に親密な関係にあった人たちが語ったことをもとにしています。

藤圭子の精神の病に関して、ネット上でどのように認識されているかを調べるために、Googleで検索をしてみました。検索語句は藤圭子と合わせて統合失調症、統合失調感情障害、双極性障害、うつ病、境界性パーソナリティ障害の5つです。それぞれのヒット件数を次に示します。なおこの検索では、検索語句をそれぞれ二重引用符で囲っています。

 統合失調症 13,900件
 統合失調感情障害 86件
 双極性障害 82件
 うつ病 11,100件
 境界性パーソナリティ障害 50件

Google検索は検索する日時によってヒット件数がかなり変動する場合があるため、この結果はおおよその傾向を表したものと考えてください。

やはり統合失調症が最も多くなっています。一般の人は ”妄想” と聞くと統合失調症しか連想できないのでしょう。次に多いのがうつ病ですが、照實氏のコメントにあるような攻撃性はうつ病にはみられません。和田秀樹は統合失調感情障害とした理由を、藤圭子が世界中のカジノで5年で5億使ったというギャンブル癖を理由にしているようですが、躁状態が5年も続くことはありえません。これは双極性障害にも当てはまります。

藤圭子が、境界性パーソナリティ障害を患っていたという主張の根拠については別の記事で言及することにします。