藤圭子の暗黒エネルギー

このブログの最終的な目的は、藤圭子がなぜあのような悲劇的な最後を遂げなければならなかったのか。その理由を解明することです。

ちっこくて、男の子みたいで、ポケットに手をつっこんでいる、可愛いやつ

「流星ひとつ」で沢木耕太郎から子供時代の頃を問われて藤圭子が話しています。

「一枚、とっても好きな写真があってね、ちっこくて、男の子みたいで、ポケットに手をつっこんでいる、可愛いやつ。それ、大好きだったんだけど、週刊誌だかテレビだかが持っていって、なくなっちゃった」

それを受けて沢木耕太郎が答えています。

「その写真、ぼくも週刊誌で見たような気がするな。五月人形のような顔をしていたね、そう言えば」

藤圭子が大好きな写真と言っていたのはこの写真でしょうか。

f:id:intron123:20181205145757j:plain

確かに、ちっこくて、男の子みたいで、ポケットに手をつっこんでいます。ですが沢木耕太郎が言う ”五月人形” のような顔には見えません。沢木耕太郎は他の写真と混同していたのかもしれません。笑顔が可愛いです。付記によると2歳のときの写真のようです。

この写真は、月刊明星1970年8月号の「いちばん親しい22人が語る 藤圭子のもうひとつの顔」という記事に掲載されたものです。