その他の人と藤圭子

食うや食わずの藤圭子が林家三平とすごした意外な過去

石坂まさをは作詞家時代の初期に初代林家三平の曲を作詞したことがあり、その縁でデビュー前の藤圭子は林家三平の家へたびたび通うようになります。1970年7月発行の週間明星がそのことを取り上げていますので抜粋して引用します。おととしの春、藤圭子を発掘…

流し時代の藤圭子に声をかけて知り合い、衣装担当となり相談相手ともなった女性

デビュー前後の一時期、藤圭子の相談相手になっていた女性がいます。藤圭子がデビューしてから彼女は衣装作りの担当となり、デビュー1年目近くになると作った衣装は20着にもなったといいます。 1970年7月発行の週刊平凡から抜粋して引用します。 11月の寒い…

牧太郎 僕が封印した藤圭子さんの「母」と「川端康成」

牧太郎という人は1944年生まれで毎日新聞の専門編集委員を務めています。その牧太郎氏が毎日新聞の編集委員だった1996年に「高度成長と全共闘」の時代を「藤圭子の存在」を通じて描こうとして藤圭子に長時間のインタビューを行っています。 そのインタビュー…

いちばん親しい22人が語る藤圭子のもうひとつの顔

1970年8月発行の明星に掲載された記事 ”いちばん親しい22人が語る藤圭子のもうひとつの顔” から抜粋して掲載します。 にくいほど手のかからん子じゃった 祖母 竹山ヨキさん とにかく小さいときからしっかりした子でしたのう。 純子(圭子の本名 阿部純子)の…

五味康祐から ”絶望的手相” と宣告された 藤圭子

手相などというものは非科学的でおよそ信用ならないというのが私の見解ですが、今回の記事は当時の藤圭子の、今後の男女関係を暗示しているような記事ですので、取り上げてみます。 週刊平凡 1975年7月10日号から抜粋して引用します。作家の五味康祐さんの手…

村田英雄の病室を見舞った藤圭子

1973年8月23日の週刊平凡に、入院中の村田英雄を藤圭子が見舞った様子が掲載されています。村田英雄は同年4月頃から糖尿病の悪化で入院していました。 村田英雄は、4歳のときから芸名を持って浪曲師の両親の巡業先で舞台に上がり浪曲を歌っていました。13歳…

藤圭子とカラオケを楽しんだ "キャッシー" は 37年前のヨーロッパ旅行も一緒

2013年10月9日に、スポニチアネックスは次の記事を配信しました。 藤圭子さんお別れ会 兄の藤三郎氏も出席 8月に他界した歌手の藤圭子さん(享年62)のお別れ会「さよならの唄―また逢う日まで―」が8日夜、都内のホテルで行われた。 関係者ら約50人が集…

ロック歌手に転向したカルメン・マキ と 米国でロックを歌うために英語を勉強した藤圭子

似ているようで違う、違っているようで似ている。カルメン・マキと藤圭子は、私にとってそんな関係です。 カルメン・マキは藤圭子がデビューする7ヶ月前、17歳のときに「時には母のない子のように」でデビューしています。寺山修司の秀悦な歌詞と、カルメン…